ヨーロッパ

ドイツ

フランクフルト郊外

ヨーロッパ


ドイツの医療事情

ドイツの大学病院などの大病院では、直接受診できる外来はありません。急ぐ場合には救急外来を受診します。開業医でも、あらかじめ電話をしてアポイントメントをとってから行くのが一般的です。開業医では日本人通訳がいる病院もあるので、日本語が通じるかどうかの情報を得てから受診すると良いでしょう。
基本的に開業医の場合でも受診時に支払いを要求されることはなく、請求書が後日患者自宅に郵送されてくる仕組みです。請求書は開業医本人ではなく回収機関から発行されていることも多く、支払期限を超過した場合、すぐに延滞料金が加算され、督促される傾向があります。

ドイツ

1件中1件表示

お探しの診療科目名を入力して
ください(複数入力可)
【例】総合、内科、歯科
※複数入力の場合、半角スペースで区切ってください。
 
Dr.med. Juergen Meister
ドイツ ・ フランクフルト郊外
Dr.med. Juergen Meister

診療科目内科・救急治療*往診可(24時間/週7日)予防接種、健康診断あり
診療時間月 08:00~12:00/16:30~18:00火 08:00~12:00/14:30~15:00水 08:00~12:00木 08:00~12:00/16:30~18:0金 08:00~13:00救急24時往診可 (NOTARTZTGEMEINSCHAFT RHEIN-MAIN GMBH所属の医師による往診)
休診日

1

地域・国から探す