東南・南アジア

フィリピン

セブ(セブシティ)

東南・南アジア


フィリピンの医療事情

フィリピンは都市部と地方で大きな貧富の差があり、医療においても同様の医療格差が存在しています。
都市部の私立病院の医療水準は比較的良好ですが、地方部の医療機関は技術面や設備が低く、日本人が受診する水準とは言えません。
私立病院の多くが救急部(医師・看護師)と病棟(看護師)・検査部(含むX線)を有し、これらの部門の職員は病院に帰属しています。しかし、一般外来はそれぞれの医師が個人開業する形式をとっています。
総合病院は “オープンシステム”という形態をとっています。このオープンシステムとは、医師たちが病院内に診察用のクリニックを独立開業して、病院内の検査施設や入院部屋を共有して使用するシステムです。

フィリピン

3件中3件表示

お探しの診療科目名を入力して
ください(複数入力可)
【例】総合、内科、歯科
※複数入力の場合、半角スペースで区切ってください。
 
CEBU DOCTORS UNIVERSITY HOSPITAL
フィリピン ・ セブ(セブシティ)
CEBU DOCTORS UNIVERSITY HOSPITAL 日本語OK

診療科目総合
診療時間24時間(緊急外来)WCMS可能時間はJHD開設時間月-金 9:00-18:00土 9:00-12:00
休診日なし

CHONG HUA HOSPITAL(FURNTE(フェンテ)本院)
フィリピン ・ セブ(セブシティ)
CHONG HUA HOSPITAL(FURNTE(フェンテ)本院) 日本語OK

診療科目総合
診療時間24時間(緊急外来)
休診日

PERPETUAL SUCCOUR HOSPITAL
フィリピン ・ セブ(セブシティ)
PERPETUAL SUCCOUR HOSPITAL

診療科目総合
診療時間24時間(緊急外来)
休診日なし

1

地域・国から探す